賃貸の部屋を探す時は、まず家賃の上限を決め、次に条件を決めていきます。

賃貸探しでまず決めるべきは予算

予算の範囲内で条件を決めるのが賃貸選びの基本

賃貸の部屋を探す時は、まず家賃の上限を決め、次に条件を決めていきます。この順番が逆になってはいけません。上を見ればキリがありませんので、払える家賃の範囲内で、条件を決めていくことが重要です。どうしても考えている予算では無理な条件であれば、予算ではなく条件を変えましょう。賃貸暮らしでは、家賃が払えなくなることが一番最悪の事態です。それだけは下げなければなりません。

条件とは主に間取り、日当たり、駅からの距離、近隣の環境、物件の設備などです。間取りは荷物の量などによって、最低限の広さはあるでしょうが、広くなるほど当然家賃も高くなります。入居人数プラス1部屋程度を目安に、場合によっては荷物を処分することも検討することになるでしょう。日当たりは確かに重要ですが、昼間在宅しないのであれば、あまり関係ないとも言えます。同じ条件でも南向きというだけで、数千円も家賃が変わることが珍しくありませんので、調整できる条件としておくべきでしょう。どうしても譲れない条件と、できれば譲りたくない条件、どちらでも良い、など条件に優先順位をつけておけば、最終的に絞り込みやすくなります。新築にこだわると、安い賃貸を探すことが難しくなることも覚えておきましょう。

Copyright (C)2018賃貸探しでまず決めるべきは予算.All rights reserved.