賃貸物件を経営する上で、気にすることとはどのようなことでしょう。

賃貸探しでまず決めるべきは予算

賃貸物件経営のノウハウとは

賃貸物件を経営する上で、気にすることとはどのようなことでしょう。路線価や地価と周辺相場の関係など、金額面で気にすべきことはいくらでもありますが、最も重要なのは住民の気持ちになって、いかにして住みやすい、暮らしてもいいと感じるような物件にするかでしょう。こうした住民目線に立ってリフォームを行い、稼働率が90パーセントを超える賃貸物件もあるほどです。

このリノベーション物件は、築30年の二階建てアパートでした。鉄骨であるため耐震性はもとより問題なかったのですが、その築年数ゆえに家賃を下げてもあまり回転しなかったという経緯がありましたが、内装と外装双方を昨今話題のデザイナーズ住宅のようにリノベーションしたことで人気となりました。一階の共用部分を解放してラウンジなどを設置したことで住民同士の交流も活発となり、退去待ちも出るほどの人気物件になっています。ではなぜ、このようなことになったのでしょうか。

実はこのアパートは、学生街にある物件です。周囲には似たような安物件が多いのですが、このリノベーションによって若い人の人気を集めることができました。このように、周辺の住環境や利用する客層を想定し、その層に特化するリノベーションを行うと集客力が向上します。リノベーションをお考えの方は、ぜひ一度参考にしてみましょう。

関連キーワード

Copyright (C)2018賃貸探しでまず決めるべきは予算.All rights reserved.